メニュー

しみ(ハイドロキノン、レーザー)

レーザートーニング

非常に弱いパワーのレーザーを当て、余計な刺激を与えること無く、蓄積したメラニン色素を少しずつ減らしていきます。回数を重ねるたびにメラニン色素の量は少なくなり、しみと色素沈着を改善します。また美肌効果も高いことが知られています。ダウンタイム(回復に要する時間)などのストレスを感じさせることもありません。レーザートーニングの治療自体は、10~15分程度で終了するので、忙しい方も受けられます。パチパチとする刺激がありますが、麻酔は不要で、治療後はいつも通りメイクができるので、気軽に治療をお受けいただけます。

ヤグレーザー

Nd:YAGとは、イットリウム・アルミニウム・ガーネットを含む結晶にネオジミウムを添加して作られたレーザー媒質で、これを用いたNd:YAGレーザーは、医療以外にも工業を始め、多くの実用分野で広く導入されており、技術的にも安定した信頼性の高いレーザーとして知られています。
長年の経験で培ったNd:YAGレーザーの技術を結集し開発された、高い臨床効果と信頼性を兼ね備えたレーザーシステムとして、世界の臨床現場で愛用されています。

2つの波長で幅広い適応をカバーunnamed (1)

1064nmと532nmの2つの波長を搭載し、症状に応じて使い分けることにより、幅広い適応に対応します。
1064nmは、メラニン色素に穏やかに吸収され、高い深達度が得られます。
532nmは、メラニン色素への吸収が非常に高く、浅いターゲットに対して効率よく作用します。
さらに、近年では1064nmによる低出力照射が行われ、色素斑を徐々に改善させる治療法として、高く評価されています。ダウンタイムや痛みがほとんどないのが特長です。unnamed (2)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME