メニュー

わきが・腋臭症(ボトックス)

ボトックス(ボツリヌス毒素)は交感神経から出るアセチルコリンという神経伝達物質の作用を抑制し、汗腺に対する発汗の指令をブロックして汗の分泌を減少させます。わきが(腋臭症)の主な原因はアポクリン汗腺という部分からの分泌物ですが、においの元になる細菌を繁殖させるのは、エクリン汗腺から出る汗です。ボトックス注射による治療は、エクリン汗腺からの分泌物を少なくできるので、わきが(腋臭症)のにおいも軽減します。ボトックス注射による効果の持続は最大6ヶ月程度ですが、その後は定期的に治療を行えば、継続的な効果が得られます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME