メニュー

眼瞼下垂(保険適用)

眼瞼下垂とは、上まぶたが下垂しているために上まぶたが開けづらくなる状態です。生まれつきまぶたを開く力が弱い方がおり、この場合を先天性眼瞼下垂と言います。加齢によるまぶたの皮膚のたるみほか、様々な原因で眼瞼下垂になることがあり、この場合を後天性眼瞼下垂と言います。ものが見にくく、まぶたが下がっているために肩こりや頭痛が強くなることもあります。

眼瞼下垂の手術を受けると眼が開きやすくなり、物が見やすくなって、目も疲れにくくなります。眼瞼下垂ですと、まぶたが下がっているため、どうしてもおでこに力を入れ、眉を上げて物を見るようになります。そのため眼瞼下垂がある方は肩こりになりやすいのですが、この手術で肩こりが治る方もおられます。当院では、整容面を考慮した手術を行っています。

ptosis オペ前ptosis オペ後

術前                    術後

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME