メニュー

腰痛について

腰痛は、ヒトが二本の足で立つようになってから発症しやすくなったと考えられており(二本足だと、垂直方向に体重がかかるため、上半身を支える腰には特に負担がかかりやすい)、人類の宿命的な疾患とさえ言われます。全人口の2~3人に1人が生涯に一度は腰痛に悩まされ、たいへん患者数の多い疾患です。

多くは一過性の腰痛ですが、急性腰痛(ぎっくり腰)を繰り返す人や、慢性的な腰痛に悩まされる人も少なくありません。

このように腰痛を起こしやすい人には、姿勢の悪さや、体幹や下半身の筋肉バランスの問題が関わっているケースが多いものです。

具体的には、下記のような状態がよく見受けられます。

  • 腹筋や背筋の筋力が低下している
  • 背筋や下半身の筋肉の柔軟性が下がっている
  • 腰のそりが強くなっている
  • 腰を伸ばす筋肉の力が低下し、腰が曲がっている

こうした姿勢の悪さや筋肉のアンバランス、筋力の低下を改善するには「腰痛体操」が効果的です(※腰痛の種類や病期によっては、体操を行うとかえって悪化することがあります)。

当院では、個々の患者様に最も適した「腰痛体操」をご指導いたしますので、お気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME