メニュー

巻き爪(陥入爪)

巻き爪とは、足の指にある爪の両端の先端部が、大きく内側に湾曲した状態を言います。負担のかかりやすい親指の爪が巻き爪になることが多いのですが、その他の指の爪もなることがあります。

巻き爪が進行すると、曲がった爪がどんどん食い込んでいき、次第に炎症や痛みを引き起こすようになります(陥入爪)。さらに、曲がった爪に巻き込まれた皮膚が化膿し、歩くことが困難になるケースさえあるのです。

また、巻き爪の痛みから足をかばおうと、いつもとは違った歩き方をしてしまうために、足首や膝、腰にも負担がかかり、捻挫や膝痛、腰痛の原因になるケースもあります。

ですので、巻き爪は見た目が悪くなってしまうだけのことと侮ったりせず、手術療法ほか、超弾性ワイヤ(マチワイヤ)や形状記憶合金プレート(マチプレート)による治療により、きちんと治すことが大切です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME