メニュー

AGA

男性の薄毛は、「男性型脱毛症」(AGA)、通称「薄毛症」と呼ばれます。生え際や頭の上のほうで抜け毛が多くなり、薄毛になってしまう症状です。日本の成人男性の4人に1人くらいが薄毛症と言われます。

薄毛症の主な原因は、主に遺伝や男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れ(成長期の短縮)と考えられています。髪の毛が太く長く育たないうちに、抜け落ちてしまうのです。

 治療薬について

当院では、医療機関だけが処方できる「飲む薄毛治療薬(プロペシア、ザガーロ)」を使用し、薄毛症の治療を行います。

薄毛症は進行性の脱毛症であり、何もせずに放っておくと、毛髪の数は次第に減っていきますので、早めのケアが大切です。しかし、適切なケアを行えば、毛包(髪の毛をつくり出す器官)が存在している限り、毛髪は太く長く育つ可能性を保っています。

 こんな髪の毛の悩みはご相談ください
  • 抜け毛が気になる
  • 額(ひたい)の生え際が後退してきた
  • 頭頂部の髪が薄くなってきた
  • 細くて短い髪の毛が多くなり、髪のハリやコシが失われてきた
  • 10代後半から毛髪が抜け始め、髪が薄くなってきた
  • 家族に髪の薄い人がいて、自分も薄くなるのではないかと心配だ など
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME