電話する WEB予約
TEL 048-642-5855 リハビリ専用予約 080-3598-0268

逆さまつ毛(睫毛内反症)

entropion

逆さまつげについて

まつ毛は本来外側を向いています。逆さまつげは、まつ毛が内側(眼球の方向)を向いてしまう状態です。眼球に触れることで、眼の角膜や結膜に傷がつき、痛みや視力低下を引き起こすことがあります。

疾患の種類

睫毛内反症

睫毛内反症は、下まぶたの皮膚や皮下脂肪が多いことで、皮膚が盛り上がりまつげが眼球の方向に押し込まれている状態です。内眼角贅皮(ないがんかくぜいひ)という、眼の目頭にある蒙古襞(もうこひだ)による皮膚の突っ張りにより逆さまつげが生じている場合もあります。成長に伴い(4~5歳頃)症状が改善することもありますが、痛みを伴う、涙が出る、視力低下を伴う場合は、局所麻酔で手術を行います。

眼瞼内反症

眼瞼内反症は、まつげだけではなく、まぶたが内側(眼球の方向)を向いてしまう状態です。主に加齢によって、まぶたを支えている組織や筋肉がゆるんだり、まぶたの皮膚がたるむことが原因とされています。

睫毛乱生

睫毛乱生は、まぶたの向きには異常がなく、正常なまつげの中で何本かが眼球に向かって生えている状態です。

治療

逆さまつ毛の治療は、局所麻酔を使用した日帰りの手術で行います。小児など、全身麻酔が必要な場合は近隣施設をご紹介いたします。

睫毛内反症

軽度の場合は、埋没法を行います。埋没法は、糸を埋め込むことによって皮膚の食い込みと一緒にまつ毛を外側に向けて矯正する手術です。

中等度・重度の場合は切開法(Hotz変法など)を行います。切開法(Hotz変法)は、まつ毛のすぐそばの皮膚を切開して、皮膚の裏側からまつ毛を外側にむけて矯正する手術です。 必要に応じて、皮膚や脂肪組織を切除します。

原因が内眼角贅皮の場合は、目頭切開術(Z形成術)をあわせて行うことがあります。

眼瞼内反症

まつ毛のすぐそばの皮膚を切開して、皮下のつっぱった部分をはがして、まつ毛が外側を向くように縫合固定します。 中等度または重度の場合は、横方向にまぶたがゆるんでいる時には、まぶたを部分的に切除して横方向の短縮を行います。 上まぶたの皮膚が弛緩していることでまつ毛にあたって内反している時には、皮膚切除を行います。

睫毛乱生

逆さを向いているまつ毛の毛根を切除します。もしくは高周波ラジオ波メスを用いて、睫毛根を破壊します。

治療の流れ

  1. 医師による診察
  2. 治療説明書による手術内容のご案内
  3. 施術・手術
  4. 抜糸(7~10日後)

※抜糸後、テーピングをしていただく場合があります。

よくある質問

手術後は腫れますか?

約1週間程度は腫れ・内出血が強く出ます。
個人差がありますが、落ち着くまでには、3週間~1ヵ月位かかることがあります。

手術後すぐに出勤・通学できますか?

職種にもよりますが、ご自身が無理のない範囲であれば翌日から可能です。

手術後お化粧はいつから可能ですか?

翌日から可能です。
目のまわりのみ約1週間(抜糸後)は控えていただきます。

コンタクトレンズはいつから装用できますか?

手術後1週間は控えていただきます。

洗顔・洗髪・シャワーはいつから可能ですか?

翌日から可能です。