JR、東武野田線「大宮駅」から徒歩12分
駐車場完備

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科とは

スポーツ整形外科

主にスポーツによる外傷や障害を負った患者様を対象としている診療科がスポーツ整形外科です。なおスポーツ外傷とは、スポーツ中に発生した1回の大きな外力による突発的な組織の損傷のことを言います。またスポーツ障害は、同じスポーツ(競技)を長期的に続けることで、過度の負荷が繰り返されることで生じてしまった組織の損傷のことで、使い過ぎ症候群と呼ばれることもあります。これらの診断・治療を行います。

またスポーツ整形外科では、可能な限りスポーツ外傷やスポーツ障害を負う前の状態まで運動能力を回復させたいと考えている患者様に対して、再発予防を目的としたリハビリテーション(リハビリ)も行っています。リハビリについては、スポーツ医療に精通している院長の指導のもと在籍する理学療法士(PT)※が運動器リハビリテーション(理学療法)を行います。

主な内容ですが、身体や運動機能が最大限まで回復できるよう、また患者様が行っているスポーツの特殊性も考慮しながら、筋力強化、ストレッチング、運動動作指導などの適正な運動療法プログラム(リハビリメニュー)を理学療法士が組むことで、治療および再発の予防にあたります。

理学療法士(PT):けがや病気などで体に障害のある方や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化予防を目的に、運動療法や物理療法などを用いて、自立した日常生活が送れるように支援する医学的リハビリテーションの専門職(国家資格)です。座る、立つ、歩くなどの動作ができるように、体の基本的な機能の回復をサポートします。

当院で良く診る症状

アキレス腱断裂

アキレス腱が断裂した状態で、断裂時に「バチッ」という音がすることもあります。
スポーツをしていて、足首に負担の掛かる動作を行った際や加齢によって柔軟性がなくなり、固くなってきた際に大きな負荷がかかった際に断裂することがあります。
治療は、手術を行わずにギプスや装具を用いて治療する方法(保存的療法)と、断裂したアキレス腱を縫合する手術療法があります。
アキレス腱断裂を予防するために、日ごろから少しずつ動かすようにしましょう。また運動の前にかならず足首のストレッチをすることが大切です。

足底腱膜炎

長距離マラソンなどの競技者に多く見られる炎症です。
足底腱膜は足部のアーチを保持して、歩行時やジョギング時に足にかかる負荷を吸収する役目があります。この足底腱膜に目に見えない傷ができ炎症となる症状です。アスファルト舗装をされた硬い道を走っているとこの病気になりやすい傾向にあります。
治療の基本は足の裏にかかるストレスを減らすことです。
運動はしばらく休むか、運動量を減らし、症状によってはアーチサポート(中敷き)と痛み止めの薬を処方します。

肉離れ

肉離れとは、筋肉の一部分が断裂した状態を指し、スポーツの競技中などに起こる急激な筋肉の収縮により発症します。肉離れを起こした際に、断裂音が聴こえることがあります。
準備運動をしっかりと行ってから運動することで肉離れを防ぐことができます。

上腕骨外側上顆炎

肘の外側に痛みが現れる疾患です。
テニスに関連する疾患であることから、「テニス肘」と呼ばれることもあります。
ものを持ち上げたり、手をひねったりする動作を繰り返すことで肘の外側の骨の近くで炎症が起こって痛みが生じる病気です。

半月板損傷

半月板は膝関節の中にあり、膝関節に受ける衝撃を吸収するいわゆるクッションの役割をしています。スポーツや事故等にて膝をねじった状態での転倒や、膝関節に負荷がかかった場合に損傷します。加齢によりすり減ってきた状態となり、損傷を起こしやすくなります。消炎鎮痛薬等内服薬による治療やリハビリテーションなど、保存的治療を行います。

部位別によるスポーツ外傷とスポーツ障害

部位 スポーツ外傷 スポーツ障害
頸部 頸部(頚髄、頸椎)損傷、バーナー症候群  
肩・上腕 投球骨折 野球肩、水泳肩、上腕二頭筋長頭筋障害、肩峰下インピンジメント症候群
胸部   助骨疲労骨折
肘関節、前腕   野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、離断性骨軟骨炎、尺骨疲労骨折
手、指 スキーヤー母指、槌指  
腰部   脊椎分離症
大腿   大腿骨疲労骨折
骨盤、股関節 骨盤裂離骨折 坐骨結節骨端症、骨盤疲労骨折、大腿骨頸部疲労骨折
脚の筋肉 肉離れ・筋断裂、筋挫傷  
膝・下腿 半月板損傷、膝十字靭帯損傷、膝蓋骨脱臼 離断性骨軟骨炎、ジャンパー膝、ランナー膝、腸頸靭帯炎、鵞足炎、シンスプリント、オズグッド・シュラッター病、シンティングラーセン・ヨハンソン病、脛骨疲労骨折、腓骨疲労骨折
アキレス腱断裂、足関節靭帯損傷 シーヴァー病、アキレス腱炎・周囲炎、足底腱膜炎、中足骨疲労骨折、踵骨疲労骨折、舟状骨疲労骨折

当院の骨折治療について

当院では超音波骨折治療器による治療を行っております。

超音波骨折治療器について詳しくはこちら

医院概要&マップ

診療科目 形成外科、整形外科、美容外科・美容皮膚科、リハビリテーション科、皮膚科
住所 〒330-0804
埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-330 ハートフル大宮101
TEL 048-642-5855 048-642-5855
最寄り駅
  • JR、東武野田線「大宮駅」から徒歩12分
  • 大宮駅 国際興行バスまたは東武バス
    <8番バス乗り場>
    岩槻駅・宮下行 「東町二丁目」バス停 下車
    <4番バス乗り場>
    自治医大行 「東町一丁目」バス停 下車
※お車でご来院される方は、駐車場がございますので、ご利用ください。
診療時間 日・祝
9:00~12:30
14:00~17:30
休診日水、日、祝日
※土曜日、平日の16時以降は混雑します。
※受付は午前・午後診療終了時間の30分前までとなります。