JR、東武野田線「大宮駅」から徒歩12分
駐車場完備

PRP療法

PRP療法とは

  • 自分の血液の血小板を利用した再生医療のひとつです。血液を採取し、自然治癒力を促進する様々な成長因子やサイトカインなどの分子が含まれている血小板の成分だけを高い濃度で抽出。これを注射することにより、早期治癒、痛みの軽減の効果が期待できるのです。

海外では一般的な治療法です

  • PRP療法は、海外では一般的に行われている治療法です。慢性的な膝の痛みや、肘の治療などで効果を上げています。
  • PRP療法

整形外科領域として使用

  • PRP療法は整形外科の領域で効果を上げています。調製方法によって成分の内容や量が異なりますが、当クリニックでは、傷の修復に作用する成分を多く含んでいる「PRP-FD注射」を採用しています。

このような治療で用いられます

  • 変形性膝関節症
  • 半月板損傷
  • スポーツ外傷
  • など
PRP療法 整形外科領域としてこのような治療で用いられます

こんな方にお勧めです

  • 膝の痛みに悩まされている。
  • ヒアルロン酸の注射などが効かなくなってきた。
  • 関節に痛みがあるけれど、手術は受けたくない。

メリット

  • 自分自身の血液を使用するので副作用が少ないです。
  • 身体への負担が少ない。
  • 他の治療法で効果が見られなかった場合にも、痛みの軽減が期待できます。
  • 治癒までの期間を短くできることがあります。

デメリット

  • 重症な合併症がある方には行えません。
  • がんの治療中の方も行えません。
  • 保険が適用されないため、治療費が割高です

施術の流れ

1)腕に注射して50mlほどの血液を採取します。

  • 腕に注射して50mlほどの血液を採取します。

2)特殊な技術を駆使し、血液の中の血小板を濃縮してPRPを抽出します。

  • Blood 濃縮された血小板を抽出 PRP 血小板由来の成長因子を抽出 PFC
  • PDGF 細胞増殖、血管の新生・修復、コラーゲン産生 FGF 組繊を修復、コラーゲン産生・ヒアルロン酸産生  VEGF 血管内皮細胞の増殖・新生 EGF 上皮細胞の成長促進血管新生、創傷治癒を促進 TGF-β 上皮細胞・血管内皮膚細胞の増殖新生創傷治癒を促進

3)痛みのある部位にPRPを注射します。入院は必要ありません。注射を行った後は、そのままご帰宅できます。なお、治療を行った当日は、入浴や飲酒、喫煙、激しい運動・マッサージは控えるようにしましょう。

  • 表皮 真皮

治療に伴うリスク

  • 注射をした部位に腫れや痛み、発赤、発熱などが生じることがあります。通常は、しばらく安静にしていることで解消しますが、痛みが長引く場合は、PRP療法を行った医療機関までご相談ください。

料金について

料金につきましては料金表ページをご覧ください。

美容皮膚科領域で使用

  • PRP療法は肌の力を再生させますので、アンチエイジングなどにも効果が期待できます。
  • PFC

治療が行える範囲

  • 目の下に出来るくま・しわ
  • 顔のたるみ
  • ほうれい線
  • 上まぶたのくぼみ
  • 口元のしわ
  • 首や手のしわ
  • など
PRP療法 美容皮膚科領域で治療が行える範囲

こんな方にお勧めです

  • 肌の衰えが気になる
  • 目の下の辺りがたるんできた
  • 上まぶたのくぼみ、三重まぶたのために老けて見える
  • 化粧じわが気になる
  • 首のしわが目立ってきた

メリット・デメリット

  • 概ね整形外科領域の場合と同じです。詳しくはこちらをクリック。

施術の流れ

  • 概ね整形外科領域の施術と同じです。詳しくはこちらをクリック。

治療に伴うリスク

  • 概ね整形外科領域の場合と同様です。詳しくはこちらをクリック。

料金について

料金につきましては料金表ページをご覧ください。

医院概要&マップ

診療科目 形成外科、整形外科、美容外科・美容皮膚科、リハビリテーション科、皮膚科
住所 〒330-0804
埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-330 ハートフル大宮101
TEL 048-642-5855 048-642-5855
最寄り駅
  • JR、東武野田線「大宮駅」から徒歩12分
  • 大宮駅 国際興行バスまたは東武バス
    <8番バス乗り場>
    岩槻駅・宮下行 「東町二丁目」バス停 下車
    <4番バス乗り場>
    自治医大行 「東町一丁目」バス停 下車
※お車でご来院される方は、駐車場がございますので、ご利用ください。
診療時間 日・祝
9:00~12:30
14:00~17:30
休診日水、日、祝日
※土曜日、平日の16時以降は混雑します。
※受付は午前・午後診療終了時間の30分前までとなります。