JR、東武野田線「大宮駅」から徒歩12分
駐車場完備

痛みの治療

痛みの治療とは

痛みの治療

当院では、耐え難い痛みでお悩みの患者様を対象とした治療を行っています。痛みというのは体に生じた異常を知らせる警告反応としては欠かせないものですが、原因が判明した後も続く痛みは、もはや有害でしかなく、痛み自体が長引くようになると、自律神経系のバランスは崩れ、交感神経の緊張が強くなることにより随所で血液の循環が悪くなります。

その結果、新たな発痛物質(痛みを引き起こす化学物質)がたくさん溜まるようになり、より強い痛みや新しい痛みが生じてきて、「痛みの悪循環」が形成されるほか、QOL(生活の質)を著しく低下させるようにもなります。

整形外科を受診する患者様の多くは疼痛を訴える方が多く、当院では鎮痛を目的とした薬物を使用(トリガーポイント注射、神経ブロック注射)することで痛みを取り除くようにします。また痙縮(けいしゅく)でお悩みの患者様には、ボトックス注射による治療を行います。

当院で行う主な痛みの治療

神経ブロック注射

炎症を起こしている神経あるいは神経周辺(末梢神経系)に局所麻酔薬やステロイドを直接注入することで痛みの伝わる経路を遮断、それにより鎮痛作用が働くようになります。そして痛みが緩和されるようになると血流は改善し、筋肉のこわばりも解消するようになります。

なお注射による薬物療法は、必要な部位だけに直接的に効果を及ぼすので、内服薬とは異なり全身的な作用がなく、麻酔薬を注入しても意識に影響することはありません。

神経ブロック注射は、急性腰痛、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性神経根症などによる痛みでお悩みの患者様に用いられることが多いです。

トリガーポイント注射

トリガーポイントとは発痛点とも呼ばれるもので筋肉の痛みや凝りの原因とも言われています。その部分を強く圧迫すると、その周辺や、少し離れた場所に関連痛(放散痛)を発生させることもあります。

トリガーポイント注射は、疼痛(トリガーポイント)を強く感じている部位(肩、背中、腰など)に直接、局所麻酔剤を注射することで痛みの除去が期待できる治療法です。筋・筋膜性疼痛や肩こりなどでお悩みの患者様によく用いられます。

ボトックス注射

ボツリヌス菌(大腸菌の一種)から弱毒性の成分を抽出したものがボトックスです。これは筋肉の動きを抑制する働きがあります。そのため、筋肉が緊張しすぎることで、手足が勝手に動くようになったり、動きにくくなる状態、いわゆる痙縮という症状を和らげる治療法として用いられています。

ボトックス注射は、痙縮をはじめ、眼瞼けいれん、顔面けいれん、痙性斜頚、腋窩多汗症、で使用されているほか、美容医療として、しわやたるみなどにも用いられていますが、酷い肩こりや首こりでも取り入れられています。この酷いこりは、こりを通り越して痛みを感じるものですが、ボトックス注射に含まれるボツリヌス菌には筋肉の緊張を和らげる作用があるので、痛みを緩和させる効果が期待できます。

1回の注射で3ヵ月~半年ほどの効果が持続すると言われますが、その期間については個人差があります。また可能性は稀ですが副反応として、注射部位が赤みを帯びて腫れが生じたり、痛みを感じるほか、場合によっては体全体に力が入らない、だるいといった症状が現れることもあります。このような症状が現れたら速やかに医師へご相談ください。

Summary and Map医院概要&マップ

診療科目 形成外科、整形外科、美容外科・美容皮膚科、リハビリテーション科、皮膚科
住所 〒330-0804
埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-330 ハートフル大宮101
TEL 048-642-5855 048-642-5855
最寄り駅
  • JR、東武野田線「大宮駅」から徒歩12分
  • 大宮駅 国際興行バスまたは東武バス
    <8番バス乗り場>
    岩槻駅・宮下行 「東町二丁目」バス停 下車
    <4番バス乗り場>
    自治医大行 「東町一丁目」バス停 下車
※お車でご来院される方は、駐車場がございますので、ご利用ください。
診療時間 日・祝
9:00~12:30
14:00~17:30
休診日水、日、祝日
※土曜日、平日の16時以降は混雑します。
※受付は午前・午後診療終了時間の30分前までとなります。